スタッフブログ

低く構えた軒

佐保 伸彦 自己紹介

設計打合せを始めたお客様から「屋根のイメージはこんな感じが良いです」と渡された写真がありました。

「普通の入母屋(いりもや)と全然違いますよね!」とのこと。

確かに、隆々とした、よく見る入母屋屋根との違いははっきりと分かります。

ただ、違いが分かっても、2枚の写真のどの部分がお好みなのかを探らないと、次からの提案プランに影響します。

「屋根の素材ですか?」「破風(はふ)の形ですか?」「屋根の勾配ですか?」

どの質問にもズバリ!の回答は聞けませんでした。

それでも、消去法で質問をぶつけていくと、

「専門用語は分からないけど、『シュッ』と屋根が長い感じが良い」

「それに、この低さも良いじゃないですか!」

 ご主人様は、パソコンの画像検索で何枚もの外観写真を見ていたそうです。

検索結果の画面で見ただけで「低く構えた軒」を見分けられるなんて…

 

いやはや、ハードルの高い設計打合せになりそうです。

記事一覧

1ページ (全16ページ中)

ページトップへ