スタッフブログ

てっぺん

佐保 摂子 自己紹介
2012/11/03(土) 日々のこと佐保 摂子

 早朝、湯布院の雲海。 

目指すは、久住山。

子どもが歩き始めてから、年に一度の山のてっぺん。

 

登り始めて1時間半。

「あ~、きつい。もういやだぁ」と、子ども達。

「がんばろうよ」と押したり、手をつないだり。

 

登り始めて2時間半。

「もうだめ。帰ろうよ」と私。

「マジかよ。ここまで来て、それはないやろ」と

引っぱってくれる子ども達。

 

てっぺんが見えて、いよいよアタック。

「あそこに立つよ~♪」

 

 の前に

 山で食べると、お腹に沁み入る

「カップヌードル」 

                                

  「超寒かったけど、元気でた~♪」

「さっき食べた広場が、あんなに小さくなったね」

 

 「最後の一歩は皆で。せ~の!」

 眼下に広がる久住高原。阿蘇連山。

地球が丸いとわかります。

こんな景色を見ていると、しばし頭が空っぽになりますね。

 

 

下りで転んで、ねん挫した子ども。

「抱っこ」「おんぶ」とは、もう言わない。

(成長したな~) 

 

「だって、お母さん明日から一週間、全身筋肉痛やろ」

(そっちか・・・)

 

さて、今年もラストスパート、がんばりましょう。

足が上がらないけど(笑)

 

記事一覧|2012年11月

ページトップへ